読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よお兄弟!

懲役刑40年から脱却を臨む23歳の闘いの日々

初めての引っ越しで苦労している話。

f:id:oyorb:20170222223642j:plain

こんばんは、近々引っ越しするので引っ越しについて記事を書きます。


  1. 私事、自己紹介   
  2. 1人暮らしの苦労
  3. 引っ越しの準備
  4. 最後に

 

1:私事、自己紹介

私は、大学生でして4年制大学へ5年間通っております。なぜ5年なのかは察してください。

そして一人暮らしをさせていただいており、実家→下宿先は当時は高校3年生だったからか過保護からか全て母親が支度していただいておりました。また、実家では母親が洗濯や料理、家事はもちろん、私の重要提出物や大学受験時の書類管理から提出を全て「ヤイヤイ」といいながらやってくれる母親でした。下宿先へ移動するときの様々な契約も全て母親にしていただき、私は何の苦労もなく下宿先での生活がスタートすることが出来ました。(ありがとうございます。)

金銭的なサポートは光熱費、水道代、携帯代、ネット料金、家賃・・・と、簡単に言えば食費交際費以外の一切のサポートをしていただいておりました。(ありがとうございます。)

基本的に私は怠慢な人間ですので以後の話、この記事は恐らくキッチリしておられる方には参考にならない・・・かもしれません。怠慢しまくった結果wくらいに捉えておいてください。


2:一人暮らしの苦労

苦労したことはたくさんあります。夜更かしを咎めてくれる存在や、起きなければいけない時刻に起こしてくれる人はいません。アルバイトの面接や、日々の講義、大学のシステムを説明をする大事な日も自力で起きなければいけません。

ゴミ、生ゴミも飛んでどっかにいったりはしません。夏場に溜めて置けば家の中だと、コバエが大量発生します。外に生ゴミを放置したら一般的な大きなハエがみるみる育ち繁殖しますよ。自炊が面倒と感じ、外食で済ませれば一般的な学生の財布は消滅します。

着た衣服も洗濯しなくてはいけません、重い腰を上げ、洗濯機に洗濯物を入れ回したとしても取り出して干さないといけません。そのままにしておけば生乾きになり とても臭くなります。また、外干しの場合、干したものは中に入れないと雨に濡れたらまたリセットです。それでも放置しようものなら酸性雨の力で服の色素、プリントは年月と共に見るも無惨な姿に変貌するでしょう。

掃除もしなくてはいけません。床が常にザラザラになり、風呂場を放置すれば排水溝が髪の毛や、人体から出たと思われる謎の物体に阻まれ排水が難くなり、水が流れません、それでも放置しようものなら水は溜まり続け、果てには「風呂場の敷居」という名のダムが決壊します。風呂場に限ったことですが、水アカや人体からでた毛や謎の物体はいずれ黒く得体の知れない物体となり風呂場上を徐々に占拠していきます。

・・・挙げだしたらキリがないので、主題に沿ってだけいいますと。掃除が最も苦労しました。後述しますが、主に壁を拭いたり換気扇を拭いたりと日々しないような事から日々するべき事を5年間放置し続けた事による汚れの掃除です。


3:引っ越しの準備

もちろん初めての引っ越しで何をしていいかわからず、調べることから入りました。

大まかに説明すると一般的な流れとしては

  1. 転出、転入届けを出す(住民票を移す)
  2. ガスや電気、水道を止める(回線やプロパイダーも同様)
  3. 荷造りをする。
  4. 賃貸の場合借りている空間なのでキレイにする
  5. 管理者の立ち合いの元、不備や欠損があれば、お金を支払いカギを返す。

が正しい手順なのですが

  • 学生の期間が1年以下の場合で、今後実家に戻る予定がない。
  • 週末や季節ごとに実家に帰っているなど、生活の本拠点が実家にある。

場合は市役所へ届け出を出さなくても良いとされています。一人暮らしを始めた5年前より住民票は移しておりませんでしたので私はコレの手続きはしておりません。主に掃除や荷造りが課題となってきます。

ですが、どうして掃除をしなくてはいけないのか?それは、借主(私)の管理能力の怠慢と認めらる破損、汚れに対して管理者側が指定する費用で賠償しなくてはいけなくなるからです。それを管理者の立ち合いのもと国が定めたガイドラインに沿って判定していきます。また、敷金という単語は聞いたことがあると思いますが、入居時に敷金を納め、そこから賠償費を差し引いた金額が退去時に返金されます。私のアパートは敷金ゼロでしたので、追加で賠償というカタチになりそうです。ですので、極力安く費用を抑える為には出来る限りの掃除が欠かせないのです。

荷造りに関しては、完全に自分の物を持ち込んでいる訳ですから要らないものは棄てて、要るものを持って帰れば良いです。ただ、量が膨大になるのでコレの為に業者さんに依頼をし持って行ってもらう。という流れです。

 

私の場合、両親の知り合いに引っ越し、掃除を仕事にされておられる業者様がいた為 詳しい会社名はお聞きしておりませんでしたがその方々に、主に掃除を協力していただきました。大変だった「風呂場」と「ベランダ」の掃除をやっていただけました。

f:id:oyorb:20170222215341j:plain

風呂場・・・かなり汚いです。魔法の水は排水溝が詰まり3年程放置した末に作られました。とても温泉の臭いがします(腐乱臭?)。

 

f:id:oyorb:20170222215523j:plain

ここも全体図は上手く取れなかったのですが、この背後にはこんもりとゴミが溜まっています。3年放置した服はとても鮮やかでターコイズ柄のオシャレな服だったのですよ・・・

 

これらが4時間ほどで

f:id:oyorb:20170222220143j:plain

滅茶苦茶キレイになりました。

ベランダの画像は撮っていなかったので、後日とって追記します。

 

どうやって、こんなにキレイにしたのかお伺いすると、「企業秘密の洗剤」を使い、その秘密の洗剤と水を合わせて器具で温かくし、専用のブラシ(タワシや歯ブラシでも代用は可能だそうです)を使って擦り続ける。そうです。

 

まさかこんなにキレイになるとは私も思っていませんでした。なにより早すぎます。私は知り合いの業者様に依頼しているため詳しい値段は全てが完了しないとわかりませんが

こちらの業者様ですと

価格:¥24,000~(税抜)作業範囲:キッチン/換気扇/浴室/洗面所/トイレ/ガラス・サッシ/簡易清掃/床バキューム

 で行ってくださるそうで、大体3万円くらいなのでしょうか・・・?

 

ただここまでお金をかけて掃除をする。ということはこれらを放置することにより

  • それ以上のお金を管理者に請求される
  • 上記の不安を払拭させる為にお金を取っている
の2つになると思います。ですが、ここは知り合いの業者様に尋ねてみたところ前者が正しいそうで、放置すれば管理者側は「借主(私)は管理を過度に怠慢している」という評価から住居の隅々まで精査するようになり、事細かな部分まで賠償を請求していく傾向にあるようです。その為になるべくキレイに、借りた時の姿に戻して、管理者の立ち合いの日には鍵を返却して「今までありがとうございました。」といい住居を離れるのがベストだそうです。そうすることにより「しっかり管理していただいてる方」と好印象をいただけ審査も甘くなるそうです。
サービス業で働かれた事のある方わかると思うのですが、態度の良いお客様に対しては許可されている範囲で特別にサービスして喜んでもらいたい。逆に態度の悪いお客様に対しては必要最低限だけのサービスをしよう。(ダメなのですが)
働き手の心情としてはこのようになるのではないでしょうか?
 
私は3月27日に管理者の立ち合いを行うのでまだなんとも言えませんが・・・
これもまた後日追記したいとおもいます。

4:最後に
今までに書いた主に掃除のことですが、これらは日々の掃除。例えば「1週間に1度ブラシで浴槽を擦る。」や「月に1度、排水溝のフタを取って掃除をする。」や他にも様々な日々の掃除を怠らなければ、このような事態には陥りにくくなるはずです。
他にも私は、大量の衣服の断捨離に苦労しましたので 要らない服は季節毎に処理しておく等 当たり前の事なのですが、継続して行うことによりかなり負担は減ると思います。 近々引っ越しを考えておられる方や、今から一人暮らしを始める方へ私を反面教師にして「キレイ」な家を保っていてください。キレイにしておいて良いことしかありません。